京ごふく おか善 ホームページ
京ごふく おか善 商品紹介 着物ができるまで | 帯ができるまで 舞妓さん 京ごふく おか善 イベント情報 着物についてのよくある質問 京ごふく おか善 会社概要 おか善おすすめのリンク


【 会社概要 】

  会長あいさつ

お陰様で弊社 『 おか善 』 は創業200年を迎えることができました。創業以来「三方良し」そして「温故知新」の精神と「慎莫墜祖業」(慎みて祖業を墜すなかれ)の精神で、一業に専念し着物一筋に、日本の文化継承のため努力してまいりました。そして特に物を創る悦びの中に、品質の向上と感性の高揚を念じ「お客様の心に残る作品を納得のいく価格で」創作してまいりました。今後ともこの精神に益々磨きをかけ、お客様に喜んで頂くことを最優先に物創りに精進していきたいと考えております。 また、若い方々にも感性豊かな着物を提供させて頂き、価格の面でも安心して御買い上げ頂けます様、日々努力を重ねております。このサイトを通じて多くの方々と心の交流ができ、また着物の発展につながる情報を発信して行きたいと考えておりますので是非ご利用下さい。今後 『 おか善 』 では着物愛好者、初心者の方に関わらずあらゆる着物に関する相談をお受けさせて頂きますので、安心してなんでもご相談下さい。メール、あるいはご来店頂いてもどちらでも結構です。心よりお待ちしております。

  会社の歴史
寛政年間(1789〜1801)、近江商人の岡本儀衛門が上京し、呉服小売業として 近江屋儀衛門を創立。万寿寺通と高倉通の角に店があったことから(下記の写真のとおり)、屋号を角善岡本≠ノ改める。
昭和25年、
麩屋町四条下ルに株式会社おか善を設立。後の同58年、御池通に面して新社屋を構える。
平成4年に1階部分をブティックに改装し、ファション関係の部門としてファブリックオカゼンを設立、2階にて本来の呉服を展示、販売することとなる。そして、平成21年には呉服(和装)を専門とした店舗へと
新たに改築し、1階部分を洒落物および和装小物を、2階部分は古典を中心としたフォーマル物を展開。毎春には祗園甲部歌舞会の都をどり≠ナ舞妓さんの衣裳を手がけています。
  会社案内
・社名 株式会社 おか善
・屋号 京ごふく おか善
・所在地 〒604-0941 京都市中京区御池通寺町西入ル 亀屋町371
・電話番号 075−211−5222(代)
・FAX 075−241−1370
・各種カード 各種クレジットカードがご利用可能です
・資本金 1000万円
・従業員数 12名
・営業時間 AM 9:00 〜 PM 6:00  1・2階店舗はAM10:00より
・休業日 日曜日、祝祭日 (休業日にご来店ご希望の方はご一報下さい) 年末年始、お盆
・E-mail kimono@okazen.jp
  東京出張所
・所在地 〒153-0064 東京都目黒区下目黒1−6−21 アルス目黒903号
・電話番号 03−3490−7648
・FAX 03−3490−7648
・営業時間 ※常駐はいたしておりません。お急ぎのお客様は本社までご連絡お願いいたします。
COPYRIGHT© 株式会社 おか善. ALL RIGHTS RESERVED.